スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
そもそもメタボ検診とはなにか
2011 / 03 / 02 ( Wed )
そもそもメタボ検診とはなんなのか。

メタボ検診とは通称で、本当は「特定健診・特定保健指導」というのが正式名称。
40歳~74歳までの公的医療保険(いわゆる健康保険)加入者全員を対象とした保健制度である。
検診内容としては、まずは腹囲の測定及びBMIの算出を行う。
基準値(腹囲:男性85cm、女性90cm / BMI:25)以上の人はさらに血糖、脂質(中性脂肪及びHDLコレステロール)、血圧、喫煙習慣の有無から危険度によりクラス分され、クラスに合った保健指導(積極的支援/動機付け支援)を受けることになる。

というのが検診内容で、普通の人はここまでしか知らなくてもいいのだが、
なぜ企業や自治体が受診率をあげたいと思っているかを説明すると、
受診率や保健指導実施率、のち(2008→2012年度)の目標到達度によって後期高齢者医療制度への財政負担が保険組合や自治体に対して最大10%内で増減されるからだ。
保険者(企業や自治体)は受診を促し、被保険者(私たち)はメタボリック・シンドロームを解消する動機付けができる機会が増す、というのが仕組みだそうだ。

というわけで、上司命令という権力を行使できる大企業や公務員の受診率は高く、
中小企業や自営業では受診率が低い、という結果になるわけである。

メタボリック症候群 を自宅で防ぐ方法とは



スポンサーサイト
03 : 12 | メタボ検診 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メタボ健診の受診率40%
2011 / 03 / 02 ( Wed )
40~74歳を対象とした特定健康診査、いわゆる「メタボ健診」の平成21年度の受診率(速報値)が全国で40・5%にとどまったことが、厚生労働省の調査で分かった。
制度が導入された20年度の受診率は38・9%で、約2ポイント上がったが、低調傾向が続いている。厚労省は「がんなどと比べ、緊急性が低いと考えがちだが、放置すれば数十年後に深刻な影響が出る」として、積極的な受診を呼び掛けている。
対象者数は約5220万人で受診者数は約2115万人だった。
健診の結果、生活習慣病の原因になるとされるメタボリック症候群と診断された人は約311万人、予備軍が約265万人だった。
また、診断後に保健師などによる保健指導が必要とされた約400万人のうち、実際に指導を受けたのは約52万人だけだった。
運営主体ごとの受診率は、公務員らが加入する共済組合(65・4%)、大企業の社員が加入する健保組合(63・3%)と高かった一方で、中小企業の従業員らが加入する全国健康保険協会(30・3%)、市町村国保(31・4%)、船員保険(32・1%)と低く、二極化が続いた。
MNSライフニュースより

公務員や大企業の受診率が高く、中小企業や自営業が低い。
この結果はメタボ検診うんぬんではなく、普通に健康診断の受診率そのものだと思う。
大企業の場合は、どんなに忙しくしているサラリーマンでも
企業として受診率を高めなくてはいけないので上司命令で受診に行かされる。
受診をしないと成績までさげられてしまう始末だ。

中小企業だと会社に健康診断の制度がないところだってある。
ちなみに私の夫の会社(中小企業)の健康診断は半分自費だ。
自営業の場合はもちろん補助なんてない。

メタボリック症候群 を自宅で防ごう

02 : 56 | メタボ検診 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メタボ健診 来春スタート
2008 / 04 / 07 ( Mon )
メタボ健診 春スタート

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を主眼にした新しい健康診断「特定健診・保健指導」が始まる。厚生労働省は、糖尿病などの生活習慣病を予防し、医療費の削減を目指すが、判定基準を巡って異論があり、思惑通りに進むかどうかは不透明だ。
14 : 40 | メタボ検診 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。