スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
肝臓がんと郵送検診
2007 / 11 / 28 ( Wed )
日本人のがんの中でも増加傾向にある肝臓がん
肝臓がんとはどんな病気なのでしょうか。
肝臓がんの予防と対策についてです。
肝臓は、重さ800~1200グラムという体内最大の臓器で、
肝臓がんとは、肝臓に生じる悪性腫瘍のこと。

肝臓がんの原因は2タイプ】

○原発性肝臓ガン
 B型、C型肝炎ウイルスに感染後、慢性肝炎、
 肝硬変を経て、30年くらいで肝臓がんとなることが多く、
 日本人の原発性肝がんの90%以上は
 このパターンだといわれています。
○転移性肝臓がん
 肝臓にがんが転移しやすり臓器は、胃、胆嚢・胆管、膵臓、
 大腸、肺ですが、乳ガン、卵巣ガンから
 転移することもあります。

【肝臓は『沈黙の臓器』】

肝臓は異常がおきても症状が出にくいので「沈黙の臓器」と
呼ばれています。
肝臓がんは発生初期には、ほとんど症状がでないのです。。
症状としては、疲れやすい、倦怠感、身体がだるい、腹痛、
食欲不振、お腹の張り、発熱、黄疸、かゆみ、腹水、
低アルブミン血症、食道静脈瘤、消化管出血などがあります。
発症年齢は、男性が45歳、女性では55歳以降に
増加していきます。

肝臓がんの予防】

肝臓がんの診断は、血液検査と画像検査によって行われます。
検査を受ける頻度は、B型、C型肝炎ウイルスの感染者や
慢性肝炎患者で特に症状が現れていない場合は1年に1回、
肝機能に何らかの異常があれば半年に1回、
血液検査でAFPの値が少しでも高くなっていれば、
3ヶ月ごとに受けましょう。

たとえ肝臓がんを発症しても早期に発見されれば、
治療効果の高いPEITによってがん病巣を
壊滅させることができます。
治療後にも定期的な健康診断を続けていれば、
再発してもその都度、PEITを繰り返して
対処していくことができます。

日常生活では、原則として禁酒し、栄養バランスのとれた、
たんぱく質の豊富な食事をとりましょう。
十分な睡眠時間をとり、疲れを残さないようにし、
ストレスをためないことも肝臓の炎症を抑えるためには大切です。

 
【価格:8,800円】   【価格:8,800円】

プロアクトの安心!郵送検査サービス

一滴の血液で高精度な検査ができる検査キットシリーズ

生活主観病、C型肝炎、ガン、エイズ、性病(クラミジア+淋病)など充実のアイテム

《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら
スポンサーサイト
11 : 51 | 郵送検診の種類-2 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<すい臓がんと郵送検診 | ホーム | 私の父もC型肝炎でした>>
コメント
* カバードコールで30代,40代女性の転職 *

カバードコールとは、現物金融商品を保有しつつ、当該金融商品を原資産とするコールオプションを売る戦略のこと http://mugweed.catvtestchips.com/
by: * 2008/09/01 * 04:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yuusoukenshinblog.blog88.fc2.com/tb.php/21-74827720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。